2017年06月08日

出来るだけ自分で飲食店を造りたい

相談内容:
ホームページを拝見させていただきました。お忙しい中で、これだけたくさんの方からの多種多様な質問にお答えになられてさぞや大変なこととお察しいたします。私のような建築に関して素人の人間には、誰にどの様に相談をして良いやら解らないので、この様なホームページがあることは、大変助けとなります。どうかこれからもお続け頂ければ、と思います。

さて、私の相談ですが、現在下記の様な自宅に住んでおります。
第2種住居専用地域  準防火地域  第3種高度地区  建蔽率60%  容積率200% 鉄骨造3階建 
1階は84.87で貸し車庫と事務所 2階は貸室3部屋 3階は自宅 
建物の1階北側は5.6mの公道に7.6m面していて、そのうち5.15mは車庫のため開放(高さは3.2m)、東側は4メートルの建築基準法42条2項に依る道路に面した7.65mが車庫のため開放(高さは3.2m)となっています。

この車庫スペース(47.812、天井 デッキプレート下 石綿吹付、壁 ALC ァ100 アクリルリシンガン吹付 床 土間コンクリート打ち)で、10坪位(客席数12〜16人位)の飲食店(和風カフェと惣菜販売の店)を計画しています。そこで3点お聞きしたいのですが、

1、常々、自分で店を造る時には出来ることなら、絶対に素人では出来ない工事以外は自分でつくりたいと思っているのですが、その様な工事の設計やアドバイスを先生の事務所に、お願いすることは出来るでしょうか?また、お願い出来るとして設計料はいくら位でしょうか。

2、もし先生の事務所では、お願い出来ない場合、どのような所なら引き受けて頂けるのでしょうか?それとも、この様な「自分で工事をしたい」ということは、どこでも引き受けてはもらえないものなのでしょうか?

3、私が計画している、この様な規模の店の工事を、もしすべてプロの方にお願いすると、設計料と工事費(厨房機器、什器備品、エアコン、照明器具は別として)は、最低でいくら位なのでしょうか?

以上、随分と長いメールとなってしまい申し訳ありません。お忙しいところ恐れ入りますが、どうかよろしくおねがい致します。


KI様 (東京都)


回答内容:
>1
なかなか意欲的に考えられているようで少しでもお手伝いできればと思います。
が、設計料を算出する前に、「駐車場を店舗に」というところが気になります。

まずは現地を確認させていただきしまして、建築的な法律などに抵触していないかを
確認する必要があります。

駐車場は地下室と同様に床面積の緩和を受けられる特典がありますので
仮に、すでに絶対的な床面積がギリギリな場合は駐車場や地下室以外の目的に
床面積を増やすことができない可能性があります。

したがいまして、まずは現況建物の確認申請図面などの図書をご用意いただきまして
現地確認させていただければアドバイス差し上げられると思います。

よろしくお願いいたします。

>2
私がコンサルタントを行うことは可能です。
もちろん、ご自身で工事していただくことは可能です。
このあたりは「セルフビルド」という領域になりますが可能と思います。
ただし、ご自身以外の職人さんなどとのスケジュールの管理がとても難しいので
事前にいろいろな打ち合わせを行いましょう。

>3
こればかりは回答に困ります。
まずは厨房の費用ですね。
排水や給水や電気的なインフラがどの程度設備されているのか?
設備されていな場合はこれらをどのように設備するのか?
このあたりがとても重要です。
厨房が充実しません主題の提供する商品が充実しないため
お客様の満足はなかなか得られません。

したがいまして、どの程度の厨房設備にしたいのかがわかれば
厨房の広さが確定でき、ホールは全体から厨房とトイレを除いた面積になります。

これらが決まれば、設計料も工事費も決まっていきます。

ご検討ください。
【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築工事費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。