2015年11月27日

手付金〜1割の話


相談者:★YY様 (大阪府)

相談内容:
はじめまして、こんにちは。
今回注文建築で家を建てようと話しています。一応10万円で土地をおさえてる状態にあります。ところが 買うと返事をまだしていないのに、1割のお金の話をしつこくしてきます。こちらは慎重に物事を考えており、なぜ、お金お金と言ってくるのか・・・と思っています。

それを言うと、じゃあ1割の半分を先にいただいて、建ち上がった状態の時にのこり半分、引渡しの時に頭金の残りを下さいとのことでした。こういうのが普通なのでしょうか?初めてのことで、何もかもわからず・・・かといって、その通り動いて、だまされるのも怖いので・・・もしよければ、いろいろとアドバイス等お願い致します。よろしくお願い致します。





回答内容:
ご相談は土地付きの売り建て(売買契約後に建築を開始するシステム)の物件だと思いますが、「注文建築」を行うのに10万円で土地を押させてもらって、これから「注文建築」をお願いするように書かれており、工事着手金で5%、上棟時に5%、引渡し時に頭金の残り(残金のことと思いますが)を支払うこととなっております。
土地の売買については先行して手付予約金を支払ったということでしょうか。
あるいは、建築条件付きの土地での建築についてのご相談でしょうか。

基本的に、まずは土地が確定したのち、その上に建物を建てますので、土地も未確定の状況では建物は建てられません。つまり、土地を10万円で押さえてもらったら、まずは土地の売買契約に進んでください。
ただし、土地を購入するに当たって「どのような建物が建つのかのシュミレーションをしてもらう」ということでしたら吝かではありませんが、あくまでも購入することが前提ですね。

このシュミレーションによって建物の大きさや間取りが分かりますので、その内容を根拠に銀行などの金融機関に「どのくらいの融資が受けられるか。月々の返済はどのくらいになるのか」が決まってきます。その返済額によっては規模を縮小して建てられるのか、建たないのかを判断しなければなりません。そうした場合に「建てられない」ことが判明すれば、土地の購入自体から白紙にしなければならないこともあり得ます。
土地の売買契約の中では、「停止条件」や「解約条件」を付けていただいて調印することをお勧めします。「停止条件」や「解約条件」が付いていれば着手金は戻りますが、付けていないと着手金は戻りません。詳しくは、不動産売買の時に詳細をご確認ください。

いかがでしょうか。

ご相談の内容が逆に「注文建築」についてのことでしたら、回答も変わります。
基本的に、「注文建築」というのは契約・購入者のご希望に即して建てるわけですから、建てたものに対して「結果、いらない」というのは不自然です。注文をして支払いをしないという論理は成り立ちませんね。
完成した建物を購入するのであれば「建売住宅」ですので金銭授受は購入時でよいのですが、「注文住宅」となると注文した時点である程度の契約時金は必要と思います。不動産売買に関することでの手付金、頭金、契約時金、着手金などは双方が納得して取り決めればよいので「決まり」はありません。契約額にもよりますが、おおむね契約額の5%とか10%とかです。

その他、詳細につきましては、引き続き下記までご相談ください。
ご相談の宛先は (株)ヴァンクラフト空間環境設計 建築無料相談室 ご相談窓口: 小杉 卓

電話 03-5345-6233 
http://www.vankraft.co.jp/form/form_info.htmlまでお願いいたします。
【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ このブログは1998年から始めた「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあった標記日にご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため再度編集し再掲示いたしております。ご了承ください。

◆ 次に、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。