2000年11月28日

モルタル外壁


相談内容:
1年半前に新築したものです。同地区に同様の工法で20軒建ちました。そのうちの1軒にて雨漏りが発生し現在ハウスメーカーがその処理におわれています。

雨漏りの原因はハウスメーカーいわく、モルタル外壁下の防水シートがアクセントとして1、2階の境にとりつけた化粧どうさし(幅10cm・厚み1cmの板材)部から破けたためだそうです。どうさしが伸縮したためといっていました。改修工事は雨漏りが発生した家以外も行うと言っています。

現在雨漏りが顕在化していない状態でも改修工事を行ったほうがよいのでしょうか?改修工事の内容はどうさし上部のモルタル部を2cm程度削除し水きり板(カラー鉄板)を取付その削除したところにコーキング材を充填するとゆうものです。当然防水シートはそこで削除されます。

また、モルタルの防水処理方法として表面の塗装処理にて行うものあると聞きますが必ず実施しなくては行けないものではないのでしょうか?


2000/11/28#2 TH様 (栃木県)


回答内容:
胴差し(どうさし)とは見切りボーダーのことだと思いますが
おそらくこの理由がそのまま症状をつくっているとは考えにくいです。

防水シートを切除することは望ましくありません。

これをコーキングのみで解決するのは問題ありますが
防水シートを新設水きりの上下にきちんと入れれば
この問題も解決できましょう。

また、正確にはなにか別の理由があるように思いますが
改修工事の内容は一応正しいように思います。

20棟同じ症状になるとは限りませんが
経年変化するうちに同じ症状は出てくる可能性があります。

建築業者も良心的に改修をしようとしているのでしょうから
できたら同時に改修していただいたほうが
よろしいかと思います。

改修の順番でも最後の方にしてもらえれば
他の住宅の改修工事内容もわかるので
少しは安心できるのでありませんか?


posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年11月27日

マンション上階の生活音防止策


相談内容:
マンションの生活音で困っています。現在、建設会社を相手に話を進めているのですが、「原因が分からない」の一点張りで進展がありません。考えられる原因と対策がありましたら、アドバイスを頂ければと思いメールしました。

一度上階の戸車を変更しましたが、効果無く余計に大きな音がするようになりました。現在は上階の方に協力してもらって出来るだけ、音が出ないように気を付けてもらっていますが、足音等も聞こえ、我慢の限界に来ています。自分の部屋の天井を剥がしても良いから、調査/対策をしてくれと言っても動いてくれません。本当に困っています。アドバイスをお願いいたします。


2000/11/27#1 HM様 (埼玉県)


回答内容:
ご相談内容から判断しますと
どうやら建物本体の構造的な問題のように思われます。

基本的には販売会社が窓口となるはずですので
そちらの建物の図面を見せていただいてください。
マンションですと建築設計図面のほかに現場施工図というものもあります。

また、現場写真なども撮影したものがあると思います。
竣工してしまったマンションの場合はマンション住人で運営している管理組合
(マンションの管理会社ではない)にそれら図面の保管があるはずです。
その図面を見れば建物の内容がわかります。
恐らく上階の床の作りかた等に音の伝播する要因がありそうです。


> それまでアパートで隣室の騒音に悩まされていたことを販売:
> ××不動産に話したところ「このマンションの防音は大丈夫。
> 隣室の音は聞こえません」の言葉もあり、購入に踏み切りました。


この内容の部分について販売会社担当と協議することになりそうです。
構造的な部分を承知の上で販売会社担当は営業したはずですから。

「矩計図(かなばかりず)」という図面の一部をコピーさせてもらい
これをいろいろな建築関係者(建築士会や建築士事務所協会の
無料相談コーナー、ご自宅の市役所の建築審査課)に見てもらい
上階音が聞こえるわけを探ることになります。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンションチェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見積書について


相談内容:
見積書に地盤改良費と給排水取り出し工事がそれぞれ100万円と120万円入っていて付帯工事費用を220万円ほど値引きをするという合意書を作成しました。地盤改良を要求したところ、建築業者側はそれはやるつもりがないから値引きしたのだと言ってきました。またスウエーデン法で地盤を測定したところ、建築業者の決めた地耐力3.0tはあるので地盤改良をする必要はないと言われました。このような場合、地盤改良を建築業者に要求することはできないのでしょうか?

2000/11/27#2 HM様 (神奈川県)


回答内容:
これは契約時での当事者相互の確認ミスです。

あなたは
工事内容はそのままで
全体工事額から出精値引きを行った・・・と考えていた

建築会社は
工事内容から項目(工事内容)削除と判断した

解釈の違いとはいえ
「値引き」と「項目(工事内容)削除」はまるで違います。
「項目(工事内容)削除」は「値引き」とは言わない。

合意書を交わした内容からすればあなたの見解が一般的と考えます。
何のための合意書なのか?
このあたりはきちんと要求した方がよろしいと思います。
「給排水取出し」も項目(工事内容)削除となれば
水道の引き込みはどうなるのでしょうか?

今回のようなケースがあった場合
見積書に記載なきことは全て追加工事となることが予測されます。
十分な図面と詳細の見積書を要求しましょう。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年11月26日

品確法


相談内容:
実は新築一戸建ての家を購入契約したのですが、平成12年から義務付けられた品確法による10年保証が業者の自社保証になっており、安心できるものかどうか知りたいと思います。

業者は練馬区にあり、株式会社●●(建て主)、が株式会社●●(販売会社)という親子会社です。東京都知事免許が(1)という若い会社であることも気になります。契約物件は建売住宅ですので基礎や建築途中の様子を見ることができなかったため、10年保証が確実になされるかどうか心配するわけです。

一応モデルルームの公開の時には内部をみましたが、その際基礎のことはマスコミや新聞で問題になってから慎重にやっているので大丈夫としか言ってくれませんでした。同居する母が家を気に入ったので決めてしまいましたが心中しっくりしない感じがしています。

また、住宅性能表示を行わない場合請求できますでしょうか。義務事項でないので無理もあるかと思いますが、後のことを考えるともらっておきたいものです。


2000/11/26#1 KN様 (東京都)


回答内容:
> 実は新築一戸建ての家を購入契約したのですが、平成12年から義務付
> けられた品確法による10年保証が業者の自社保証になっており、安心で
> きるものかどうか知りたいと思います。

基本的には自社保証が第一原則です。
住宅性能保証協会への加入があっても欠陥がないとはいえません。

> 契約物件は建売住宅ですので基礎や建築途中の様子を見ることができな
> かったため、10年保証が確実になされるかどうか心配するわけです。
> 同居する母が家を気に入ったので決めてしまいましたが心中しっくりしない感じがしています。

工事中の写真などがあれば見せていただくことで
安心できるのではありませんか?

> また、住宅性能表示を行わない場合請求できますでしょうか。義務事項でな
> いので無理もあるかと思いますが、後のことを考えるともらっておきたいものです。


ご指摘の通り、住宅性能表示は義務ではないので今からですと
いかがかと思います。

審査項目がいくつもあり、その結果を見ても
「あなたの建物の性能が評価された」というだけです。
性能の安心と、前述の構造的な安心(10年保証)とは分かれます。

今回の場合、性能が悪いからといって「改善しろ」とはいえないと思います。

初期の時点で断熱効果や遮音効果について「どのランクにして欲しい」と
契約していれば新築建物が性能以下なのか以上なのかが診断され
性能以下の部分について改善要求ができるということはあると思いますが。

ですから「改善要求」ができないのであれば
逆に期待以上の性能に達していなかったら
悩みは増えるばかりかと思います。

一応の「安心」ということでのご希望なら理解できますが
あまり意味のないものだと思いますがいかがでしょうか?
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年11月25日

木の裂ける音


相談内容:
新築後4年が経過しますが未だに木の裂ける音がバシ!と日に一度か2度時にびっくりするような音がします。とくに気温変化の大きいときのように思います。家の壁体構造上不具合があるのでしょうか。よろしくおねがいします。

2000/11/25#2 KH様 (徳島県)


回答内容:
基本的には木材は乾燥することによって
収縮するのでこの収縮によって木材に亀裂が生じ
木の裂ける音がします。

しかしながら毎日起きるというのは断定はできませんが
「異常」かもしれません。

2x4製品は一般に乾燥材を使用することが多く
グリーン材という非乾燥材を使うのは
特にハウスメーカーの場合には少ないと思います。

音が出る場所があちこちであれば
やはり乾燥収縮による音と考えて問題は少ないのですが
一度メーカーに点検を要求することをお勧めします。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。