2000年12月25日

マンション内覧会で不具合が発覚


相談内容:
新築マンションを購入し、12月20日には、引っ越しを予定していたのですが、11月25日内覧会1週間前に、施工会社M社よりTELにて、事前に説明しておきたいとのことで、販売会社R社へこちらから報告し、現場へ2.3日後、私たち夫婦と、R社・設計事務所J社のそれぞれ担当者とともに、M社の説明を聞くと、設計変更をお願いしていた
(a;4LDKより5LDKへする時、床板を一枚ばりにしてほしいと依頼
b;ロフトをなくして吹き抜けに、天井裏にスペースがあるので、M社の提案で天井に物置を作成)

aに関しては、一枚ばりは出来ませんでした。後に壁を取り払った時の為に、同じ床板を数枚渡します。との事。

bに関しては、物置へのはしごが当初予定していた保管場所では高さが合わないので、アルミの脚立か、アルミのはしごをリビングの壁に保管しましょうか。との事。

いずれも事後報告でaの件は、元々一枚ばりは不可能と言われたので仕方無く、納得。bについては、不格好になるので、予定通りの場所に木製でつくってもらうよう依頼。一週間後の内覧会の日はしごを見に行くと、保管場所に引っかけるにも、長さが長すぎてMしゃの人が、目の前で壁紙にきずをつける状態。

また、簡単に見回しただけでも、床板のへこみ・傷・壁紙の汚れ・傷はがれ・和室の襖のゆがみ・枠が欠けた部分のボンドで手帖w)・uシし等かなりの手直し箇所をこちらから指摘。

その後、三回程現場に立ち会うものの、手直しの雑さがめにつき、最終チェックの日も、別に傷が増えていた。誠意も感じられず、予定の20日に転居出来ず、責任者はどうしているのか。と言ったので、先週末、R社・M社の担当者・各上司とともに来宅。床の一枚ばりは、元々不可能なのにどうして可能だと引き受けたのかわからない。

今後、床板・壁紙の総張り替えをするのに、来年の一月になるとのこと。その話し合いの中で、M社は、上司が現場監督を叱りつける状態。客先でするべき事ではないでしょ。といさめた。M社に関しては、設計変更の注文書に計算ミスがあり、送り返していたのに二ヶ月こちらから三回TELして催促していた経過があり、いい加減さにあきれています。

このような問題があっても、物件をキャンセルした場合、損害金20%払わないといけないのでしょうか?


2000/12/25#1 YF様 (福岡県)


回答内容:
まずキャンセルができるのでしょうか?

キャンセルができるのであれば損害金についても
今後その先で協議が可能だと思います。

オプション工事も入っているのでこのあたりがキャンセルを
妨げるように思います。

この内容は民事の内容となりますので
福岡の市役所の法律相談に行かれるか
弁護士にご相談いただく方が良い解決になります。


posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンションチェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年12月20日

屋根防水・外壁塗装


相談内容:
奈良県●●市のものです。屋根、外壁の防水塗装について、見積り額が適
正かどうか見ていただけますでしょうか。よろしくお願いします。 築17年

<<屋根>カラーベストの屋根です。総面積<<98>>。
北側にかび、こけなどが生えている状態
見積もり書  シリコンベスト防水工事 

1.洗い工事・・・単価 ¥400・・・¥39,200
2.ケレン工事・・・単価 ¥300・・・¥29,400
3.下地調整 浮き、欠損、補修・・・単価 ¥600・・・¥58,800
4.下塗り 浸透性シーラー塗装・・・P価 ¥900・・・¥88,200
5.中塗りスカイガード塗装・・・単価 ¥2400・・¥235,200
6.上塗りスカイガード塗装・・・単価 ¥2400・・・¥235,200
7.棟包、ケバラ包、板金補修・・・一式・・・¥36,000
小計   ¥722,000
消費税  ¥ 36,000
合計   ¥758,100

<<外壁>>吹き付け塗装の外壁です。ひび割れ各面にあります。浮き上がりはありません。総面積<<196>> 
見積もり書  外壁防水塗装工事 ビューレ塗材使用

1.足場仮設 単価¥650 ¥127,400
2.養生ネット及びテーピング 単価¥300 ¥58,800
3。隙間割れ部分コーキング注入左官仕上げ 一式 ¥36,000
4.下地処理強力プライマー 単価 ¥700 ¥137,200
5.中塗りビューレ塗材第1回目 単価¥2,000 ¥392,000
6.上塗りビューレ塗材第2回目 単価¥2,000 ¥392,000
7.木部、鉄部、雨戸、庇、面格子、樋、その他op塗装 一式¥48,000
8.雨樋取替え(欠損部)サービス
小計 ・・¥1,191,400−
消費税・・・・・・¥59,570−
合計・・・・¥1,250,970−

屋根¥758,100+外壁¥1,250,970=¥20,029,070− これを→¥15,000,000−(約50万円値引き)にすると言う事でした。又、ベランダの波板と、ガレージの波板、張り替えサービス、和室の壁の塗り替えのサービスも無料ですると言っています。10年保証も売り物にしているようです。


2000/12/20#1 TY様 (奈良県)


回答内容:
高すぎます。
正規価格は出し値の半分です。

概算東京価格(全国でも高いとされている地域)で税別80万円前後でしょう。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年12月17日

基礎工事と断熱工事


相談内容:
工事着工前の建売住宅を購入しました。(俗に言う売建て住宅です)
質問が2点あります。よろしくお願いします。

1.基礎工事について(軸組在来工法のベタ基礎です)
基礎コンクリートの養生期間について、本などでは5日程度そのままにしておくのが良いと書かれていますが、この会社では、基礎立ち上がり打ちこみ後、翌日か翌々日に枠ばらしを行なうそうです。

コンクリートを乾燥させるためとのことです。(したがって、その後すぐ、次の工程に移るものと思われます。)養生期間については、何か決められた基準があるのでしょうか?また、養生期間が短い場合、どのような問題があるのでしょうか?既に契約した物件ですが、施工会社に対してはどのように対応したら言いのでしょうか?

2.断熱処理について
1階と2階の間の断熱処理について質問します。断熱処理は、隙間なく断熱材を入れることが基本となっています。今回の物件は、内断熱が基本となっており、壁および1階の床下、2階の天井部分に断熱材を入れるように図面には描いてあります。ただ、2階部分が1階より引っ込んでいる部分(1階部分に屋根がある部分)については、屋根の直下の天井部分にのみ断熱材が入ることになっています。

従って、1階の天井裏は、外に対して断熱材が覆われない状態になっています。その他の1階の天井や、2階の床下に断熱材が入らないため、居住空間を断熱材ですっぽり包むという原則から外れているような気がします。

こういうやり方は一般的なのでしょうか?これについても何か基準があるのでしょうか?施工会社へどのように対応してもらったら良いのでしょうか。? 質問は以上2点です。ずいぶんと長くなりましたが、真剣に悩んでおりますので、お忙しいところ恐縮ですが、ぜひとも教えていただきたく、よろしくお願いします。


2000/12/17#1 TN様 (神奈川)


回答内容:
> 1.基礎工事について(軸組在来工法のベタ基礎です)

本に書かれていることも確かに正しいですが
翌々日に型枠をばらすことも正しいといえます。

型枠の存置期間は本に書かれた通りですが
いろいろな部位によって違います。

今回のような住宅の基礎の場合、
基礎の上にいきなり建物が載ることはなく
軽微な工事は上記養生期間と考えて差し支えありません。

> 2.断熱処理について

基準は特にありませんが一般的なやりかたとして
建物周囲を包み込むことが原則です。
断熱材が覆われないところがある場合は
都度指摘・指示することになります。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下室をつくりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年12月16日

地下室


相談内容:
現在、●●市で建替えを考えているものです。
敷地は82平米で、第1種低層地区(50%、80%)です。ここで、地下室も含めた建替えを考え、●●で見積もりを検討してもらったところ、地下室5坪ほどで、800万弱の見積もりが出てきました。

貴HPの地下室価格から見ても、これはかなり高価なものになっていると思いますが、これは妥当といえるのでしょうか。それとも私は騙されているのでしょうか。ご面倒ですが、貴殿のお考えをご教授下さい。よろしくお願い致します。


2000/12/16#1 SF様 (神奈川県)


回答内容:
敷地の形状や取りつき道路などによって工事金額は
かなり変化してしまいます。
目下、お近くの横須賀市湘南鷹取にて地下付木造2階建て住宅を建替え
しております。

地下室の規模は20坪(ドライエリアや外部階段があるので施工規模は28坪程度)ですが基礎および地下室本体工事を850万円程度で契約しています。

あなたが騙されているということはありませんが
工事業者が価格を下げる努力をしていないので
こうした不合理な結末になります。

価格のみならず工事全体をチェックしてくれる人はいますか?
ハウスメーカーはマニュアルにしたがって建物を建てることはできますが
価格を下げる努力や価格を上げずに顧客の希望を倍加する努力はできません。

私たちのような設計事務所はただ設計料をいただいているわけではなく
このあたりのハンドリングをさせていただいているので
良い空間を安く提案できるのです。

そのあたりの選択をするのはあなた自身なのですが
始めの話の糸口を間違えて契約をしてしまえば
それに縛られてしまいます。

家づくりにはもっと選択の余地があるのですが
あなたのまわりにその選択肢を並べてかつ
的確なアドバイスをする人がいません。

あなたサイドの弁護士、税理士、医師などはこれら選択肢の提言者です。
私たち建築士も同じです。

(メーカーサイドの建築士もおりますがこれはメーカーの雇用者ですから
最終的にはあなたのためには仕事はしません)

よろしければ湘南鷹取の現場を一度ご覧下さい。
お申し出あればご案内致します。
コンクリート地下内部に入ることができるのは今月末頃です。
来月初旬に建前を予定しています。
なお、湘南鷹取の大工さんは藤沢市の大工さんを予定しています。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下室をつくりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年12月14日

浴槽ひび割れ


相談内容:
入居5、6年目のマンションの浴槽(FRP製)の側面の内側に1年ほど前からひび割れが発生し水漏れしている状態です。接着剤で応急修理をしたりしたのですが、素人細工ではもちません。

メーカー(●●)が言うには、交換しかなく、費用は5万円ほどかかるとのこと。5年でひび割れができるのはおかしいので(30〜40年はもつものということですが)無料の取りかえを要求できるかどうかをお伺したいのです。

当然、ひび割れの原因が何であるかが問題になると思われますが、住民の不注意か、製品の欠陥(不良品)かという問題は水掛け論になり、不便をかこっている使用者側が弱い立場になると思われます。

不良品であると使用者側が証明するのはかなり困難だと思われますが、使用者側の責任だとの証明も難しいと思います。 事実、いつの間にかひびが入っていたのであり、何かをぶつけたとかいう覚えはありません。このままだと泣き寝入りするしかないことになりますので、何か対策はないかとご相談する次第です。


2000/12/14#1 TT様 (兵庫県)


回答内容:
メーカーに相談する場合は製品そのものの問題についてですが
その前に販売者はどのように言っておりますでしょうか?

どこの製品であれ工事会社がいずれかの供給ルートを経由して
現場搬入取付を行った場合
一連の流れの中で関与した人全てに責任が生じています。

つまり、欠陥品でなくとも取りつけ状況が悪ければ
それは工事上の責任であり、その問題が取り付け後に発生しても
責任はメーカーにはありません。

このあたりが今回の解決糸口かと思われます。

車のリコールのようにその製品固有の問題点から生じるものと
現場独自の問題点から生じるものから判断すると
「ひび割れ=欠陥」という図式は前者であり
今回の場合は後者であるように思います。

販売会社と協議されてはいかがでしょうか。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下室をつくりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。