1998年09月03日

地下付住宅にピアノ室を検討

ご相談内容:
道からGLが1.6〜1.8メートル上がっている75坪の角地に、
2台分の掘込みとガレージと勝手口と、
15畳ほどの、ドライエリアなしのピアノ練習場が
できればと思っているのですが、どのメーカーに言っても高いのです。
上は●●ホームが気に入っていてそれで建てたいと思っているのですが、
下だけ別はやりにくいのでしょうか。
45万円が打ち放しとしたら、防音壁とか入れても6〜70万位でおさまりそうな話ですね。


1998/09/03#1 K様 (?県)


回答内容:
私の手掛けた実例でも紹介しておりますが
地下室に音楽関係の防音室を設定した住宅は数多くございます。

小杉式(低坪単価・現場築造型・RC造・耐震・大型)快適地下室では
24畳地下室付2世帯4層都市型住宅がご希望に近いケースかと思います。

今回のご希望は敷地条件でも世田谷区での実例によく似ています。
敷地も道路面から約2m程度高い位置にあります。
北道路と東道路に面した角地です。
その段差を利用して乗用車2台分の駐車場とワインセラー兼納戸
及び24畳のドライエリアなしピアノ室と
3階までの階段室並びにトイレと道路からの裏玄関をプランしました。
ピアノ室へは外部から出入り可能としています。

実例の家はご両親と若夫婦家族4人+小犬の合計6人+1匹の2世帯型3世代住宅です。
敷地は50坪程度のところに地下1階地上3階建を建てました。

ピアノ室はご家族の共通の趣味をエンジョイするために造られました。
面会当初は12畳程度のご希望でしたが、隣接する駐車場(2台)の規模などから考慮して
中途半端に地下室を造ることは構造的に不利になります(不同沈下の原因となる)ので、
上階の床面積より一回り大きく造りました。
奥様をはじめご家族の皆様は音楽一家です。
お子様達は趣味が興じて音楽大学に進学され、アーティストの道に進まれました。

さて、Kさんのご希望は15畳ですがグランドピアノはサイズにもよりますが
約6畳ほどの部屋を最低限確保する必要があります。
ですので、グランドピアノを1台置いて、周囲に伴奏者空間や譜面台やましてやリラクゼーション
スペースなどを置くことを考えますと15畳空間の半分は意外と狭い感触になると思います。
壁際に書棚やソファーを置いたら多分窮屈に感じると思います。
結構いろいろな楽器もお持ちのことでしょうから
収納する棚などを考慮するともう少し広げた方がよいでしょう。
これまでに竣工した音楽室付の住宅も音楽室は25畳程度としています。

なお、本来的には地上建物と地下室は一体の構造設計をしなければなりません。

したがいまして、地上建物の情報を地下室の設計に反映する必要がありますので
設計は当社が行い建物の工事をご指定の工事会社でされてはいかがでしょうか。

工事指導も致しております。

よろしければ、引き続きご相談ください。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下室をつくりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。