1999年04月06日

浄化槽の水漏れ


相談内容:
数年前から浄化槽の水漏れと思われる排水が溝に流れ込んで近所からの苦情が絶えません。困っています。こちらは素人なので、手がつけられず、かと言って専門の良心的な業者も知りません。水漏れらしい個所と下水道に繋がる管との距離はだいたい3メートルです。いま、金欠の状態なので何とか安く工事を引き受けてくれる業者は見つからないでしょうか。

1999/04/06#2 YO様 (奈良県)


回答内容:
仲間の水道屋さんに連絡を取ってみました。
次のような回答がありましたのでご検討ください。

<以下仲間の水道屋さんからの回答>

この文面から想像するのには、単独浄化槽と思われます。
まず浄化槽の清掃が必要です。
清掃とはいわゆる汲み取りのことです。
バキュームカーを要請し、汲み取って浄化槽の中の汚物を除去します。
受け付けてくれる窓口は
●●市の清掃関係のサービス窓口でいいと思います。
費用に関しては地方自治体により異なりますので
役所に確認する必要があります。

また、浄化槽の維持管理はどうされているのでしょうか?
たぶん、それをされていないので悩まれているのだと思います。
この先も浄化槽で行くのであれば
適正な維持管理をされたほうが浄化槽自体長持ちもします
し処理水も適正に放流することが出来ます。

次に、漏水については、まず浄化槽内の水位の確認をして下さい。
水位が下がっていれば浄化槽に問題があります。
浄化槽内の水位が下がっていなければ浄化槽からの放流管
の漏水が想像されます。

工事業者に関しては、
役所に紹介してもらうのが良いのではないかとおもいます。
費用については、不確定要素が多すぎて答えられません。

<以上仲間の水道屋さんからの回答>

私からの補足です。

汲み取りの際にできるだけ立ち会っていただき
浄化槽の中をご自分で確認点検してください。

とにかく汚物が流れ出ているとすればそれを放置しておくことは
よろしくありません。
脅かすわけではありませんが
「水質汚染」は濃度の問題こそ高い濃度ですが、
これら汚物が井戸水に浸透することによって
下流住民の飲み水に影響する汚染です。
「汚染源」になっているなんてことになったらそれこそ大変ですよ。

浄化槽は通常の汲み取り便槽を改良したもののですので
とにかく汚物を汲み取ってください。

次に浄化槽に水を溜めます。
洗浄する要領になりますがこれをやらないと先に進めません。
汚水も流れ出ますが
清掃課(?)またはサービス課(?)の方に話しをして流れ出た
汚水も回収していただくようにします。

この洗浄によって接続汚水管も洗浄できると思います。

パイプも洗浄できれば今付近に流れて、染み込んでいる
汚水は土になじんでいずれは土に戻ると思います。
濃度にもよりますが・・・。
このあたりも業者さんに確認すると良いでしょう。

一般的には
浄化槽は便槽にバクテリアを繁殖させることで
このバクテリアが汚物を浄化してくれるシステムです。

浄化された汚水は浄化槽の中で上澄みとして
水となりパイプを経由して敷地外に放流されます。

初期にこのバクテリアを投入することで
浄化槽は機能を始めますが
使用頻度が多く、水の量が多すぎたりすると
浄化槽内のバクテリア濃度が薄まっていき
その後バクテリアがみんな流れ出てしまいます。
こうなると浄化できなくなり
浄化槽は単なる便槽に下水管がつながれた状況となり
便槽の汚物はそのまま出てしまいます。
ただ流れ出るだけの、浄化機能を持たないトイレになります。

というわけでおそらくこのバクテリアが流れ出てしまった
ものと思います。

やはり定期的に浄化槽は点検しなければいけません。

至急役所の窓口でご相談ください
専門の業者さんを紹介してくださると思います。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。