1999年05月11日

中古売買


相談内容:
少し質問が、こちらのHPの主旨とずれてしまうような気もするのですが、大変困っておりますのでよろしくお願いします。
平成7年8月に、¥35,641,400(含諸経費)で建て売り住宅を購入しました。購入後半年過ぎた頃から、床が沈む、雨が漏る等の不具合が生じ、その都度販売業者に修理を依頼しておりました。(10年保証の為、無償)10年保証でなくたって、無償ですよね、こんなの・・・あんまりだ(;;)。

業者のほうも、一応キチンと対応していただいておりましたので、私共としましても、「まあ、仕方がないか」と、あきらめておりました。只、雨漏りのほうが、どうしても直らなくて、激しく雨が降るたびに大変な思いをしておりました。

そんなこんなで、現在4年目に入ろうとしており、何度も修理を重ね、天候のせいもあったのかと思いますが、雨漏りがなくなったように感じておりました。そして、今回家族の都合で、この家を売却したいと計画しております。仲介業者に依頼もすませておりましたところ、五月四日にかなり激しい雨が降り、雨が漏ってしまいました。雨漏りは、修理されたものとして、仲介業者さんのほうにはお伝えしておりませんでした。

こうなった以上お伝えすることは、必須ですが、私が考えるに、雨の漏る家など、だれも購入されないのでは、ないでしょうか。修理は何度も繰り返しておりまして、もう直らないような気もします!?現在はだいたいこのような状態です。

私共として今の希望は、ここの建て売り住宅を販売業者に引き取って(買い取って)ほしいのですが、無理でしょうか?買い取りといっても、買い取りの金額ではなく、仲介物件として提示している額面でですが・・・。(提示金額は購入時の7割強の金額です)

1999/05/11#1 ??様 (東海方面)


回答内容:
> 購入後半年過ぎた頃から、床が沈む、雨が漏る等の不具合が生じ、
> その都度販売業者に修理を依頼しておりました。(10年保証の為、無償


瑕疵を補修しなければならない責任が施工者にはあります。

>そんなこんなで、現在4年目に入ろうとしており、何度も修理を重ね、天候のせいもあったのかと思いますが、雨漏りがなくなったように感じておりました。

降雨量や風の向きによって雨漏りは変化します。

>そして、今回家族の都合で、この家を売却したいと計画しておりましたところ、五月四日にかなり激しい雨が降り、雨が漏ってしまいました。雨漏りは、修理されたものとして、仲介業者さんのほうにはお伝えしておりませんでした。こうなった以上お伝えすることは、必須ですが、私が考えるに、雨の漏る家など、だれも購入されないのでは、ないでしょうか。

補修が完全ではなかったということですね。
その通りです。

>修理は何度も繰り返しておりまして、もう直らないような気もします!?
>現在はだいたいこのような状態です。


一度、長いホースを持って屋根に登り、いろいろな方向から水をかけます。屋根裏にはどなたかに入っていただいて点検してもらうということになります。これが一番確実で早い発見ができます。

>私共として今の希望は、ここの建て売り住宅を販売業者に引き取って(買い取って)ほしいのですが、無理でしょうか?買い取りといっても、買い取りの金額ではなく、仲介物件として提示している額面でですが・・・。(提示金額は購入時の7割強の金額です)

そこまで値を下げなくとも良いのではないでしょうか?
2割分程度の金額を上記漏水個所発見費用にかけたにしても
十分おつリが戻るように思います。
価格が付くのならば売れるような気がしますが・・・。
買う側がこの建物の欠点をどこなまで理解できるかが問題でしょう。
欠点があっても「買いたい」と思われる要素が他に必要ということもありますね。

もっとも「もう懲り懲り」ということで、
あまり係わりたくないというのであれば
7割強でも納得できるのであれば売買は成立するかもしれませんが・・・。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。