1999年08月08日

地下室の規制


相談内容:
現在新築を計画しておりますが、土地が狭いので地下に居室を考えて居ります。
地下に居室を作る場合、室内高さ、ドライエリアの面積など規制、又は指導があると聞いておりますがお教え下さい。

また地下車庫の傾斜角度は最大10分のいくつと考えたら良いでしょうか?

それ等を伺った上で、設計要望を纏めたいと思っておりますので、お忙しい中恐縮ですが出来るだけ早くお教え下されば幸いです。


宜しくお願い致します。

1999/08/08#1 TM様 (東京都)


回答内容:
天井の高さは2.1m以上必要です。
ドライエリアの面積の規制はプランによります。

法律的指導があるのは採光と換気です。

●●区の場合は半地下ですと構造的には3階建て扱いにもなります。

地下車庫につきましては住宅規模程度のものであれば
特に規制には抵触しないと思ってかまいません。

それよりも、平坦な道路面から
斜路に移る「へ」の字の部分で車体の
底面を擦ってしまう状況を考慮して角度を決めます。

このとき斜面には降雨があることを考えると
この雨水に対して排水を考えねばなりません。

また、道路の幅員によって作業運搬性もあり
建築費用コストにも影響します。

一般的に狭小敷地の建築は割高なようです。

また、こちらの敷地は地下が可能かどうか地質調査が必要でしょう。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下室をつくりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。