1999年08月31日

二世帯住宅と自然通風


相談内容:
実家を将来2世帯住宅に立て直そうそうと考えております。
以下にご相談内容を記述します。

<ご相談1>
2世帯の分離としては完全分離を考えております。
近所でも上下に分離にした2世帯住宅を見かけますが
各階のデメリットはどのようなことがあるでしょうか?
特に上下階の温度差や水回りなどについて教えてください。

<ご相談2>
ハウスメーカーのカタログでは、どこも、高気密高断熱を歌っておりエアコンやや強制換気の使用を前提としているような気がします。

タンスの裏などは、湿気がたまりやすいにも関わらず、ウオークインクローゼットのような密室にタンスを置くことも当たり前なようで、その際は24時間強制換気が必須のような説明を聞いたことがあります。

古い考え方かもしれませんが、特に木造建築の場合は、やはり自然の風(外気の温度差による換気)の換気が一番の様な気がしており、出来るだけエアコンや強制換気に頼らない家は今の建築様式の考え方からははずれているのでしょうか?


1999/08/31#3 HI様 (神奈川県)


回答内容:
><ご相談1>
>2世帯の分離としては完全分離を考えております。
>近所でも上下に分離にした2世帯住宅を見かけますが各階のデメリットは
どのようなことがあるでしょうか?特に上下階の温度差や水回りなどについ
て教えてください。


完全分離型の二世帯住宅は単なる重層の長屋です。
お互いに干渉したくないといおうところで接点を持たずに
住みたいという希望の元にこうした形式が形になりました。

とくにハウスメーカーが建てる間取りに準じてしまうところから
仕方なく「重層の長屋」を受け入れてしまうケースが多いようです。

大切なことは「二世帯」の係わりをキチンと持ちながら
お互いに干渉しながらも、離れた距離感で生活できることを
前提とするからこそ「二世帯住宅」なのではないかと思います。

これがマンションタイプの「重層の長屋」で完全分離に甘んじれば
世帯間の断絶は深まります。

メンタルな部分まで踏み込んで「二世帯住宅」を考えないと
それは単なる「箱」の積み重ねです。

お尋ねの温度差や水周りについてはフィジカルな部分ですが
これらはどのようにでも対応が可能です。

簡単に言えば誰にでも解決の出来る問題です。
温度差も水周りも各世帯で個別であるべきでしょう。


><ご相談2>
>古い考え方かもしれませんが、特に木造建築の場合は、やはり自然の風
(外気の温度差による換気)の換気が一番の様な気がしており、出来るだけ
エアコンや強制換気に頼らない家は今の建築様式の考え方からははずれて
いるのでしょうか?

あなたのお考えは正しいです。
また、古くもありませんし、はずれてもおりません。

私は24時間換気に抵抗しております。
その弊害についても問題が出始めています。
これだけ「高気密高断熱」が定着し出すと
「従前の工法」が新しく見えてくるのが不思議です。
あなたのお考えの通り「高気密高断熱」にも適切性がなければ
「相手は木材です」・・・腐ります。
それも密閉状態の強い2x4工法となれば
湿気はどこに逃げるのでしょうか?

先日愛知県の岡崎市で「スウェーデンハウス」のご相談を受けました。
高気密高断熱です。2x6だそうです。

私はお話しました。
「北海道の仕様を名古屋で実践する施主は不幸です」と・・・。
ハウスメーカーの広告に踊らされている施主は日本中にあふれています。

もう少し冷静にご判断頂くことが「日本の住宅建築には必要」です。
従前の「自然通風」がもっとも長生きが出来る建築です。
私はこれを提唱しています。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。