1999年11月14日

土留め(山留め)、盛り土


相談内容:
現在所有している土地に地盤改良した後に、盛り土して家を建てたいと考えております。80坪ぐらいの土地なのですが、できれば40cmぐらい上げたいと考えております。

入れる土によっても違うと思うのですが、盛り土のためにはいくらぐらい費用を見ておけば良いでしょうか。また土留めの役目も同時に果たす外構として、コンクリートブロック4段+アルミフェンスを考えているのですが、コンクリートで土台を作らなくても、ブロック部ベースW400を埋めれば強度的には十分と聞いたのですがその通り考えておいて良いでしょうか?


1999/11/14#1 SM様 (新潟県)


回答内容:
地盤改良をしてさらにその上に盛土をするのは二重の出費でしょう。盛土を40cmとのことですがこの上に建物を建てるのは控えましょう。盛土の地耐力が安定していないので基礎を造っても割れます。

一番良い方法は「深基礎工法」です。

地名からすると池や沼地を連想させますが
水分が多い土地であるとすればそのあたりも
事前にチェックしなければいけません。

現在の土地を50cm程度掘ってみて
水分が多くなければ概ねOKです。
一般的には50cm程度の深さでは表土です。
この部分から盛土分を含む約90cmの基礎を造りましょう。
工事費のアップはコンクリート量、鉄筋量、型枠量だけですので
20から30万円のアップで済むと思います。

ただし、基礎は「ベタ基礎」という形態でなければなりません。
一枚のコンクリート板の上に基礎が立つ形状です。

ベタ基礎は防湿に役立ちます。
点検口を作れば基礎の中にもぐりこめますので
基礎内の点検が可能になります。

盛土の上に一般基礎を作るのと、
盛土をせずに深基礎を造ってその周囲に土を入れることとが
同じ金額であっても、
建物のためには前者より後者の方が有効です。

それから土留めの役目も同時に果たす外構として、
コンクリートブロック4段+アルミフェンスをお考えのようですが、

この内容で大切なことは
コンクリートベースにキチンと鉄筋が入っており、このベース部から鉄筋が
キチンと立ち上がり、その鉄筋がブロックの中にキチンと入り
そのブロックの中にモルタルが充填されればOKです。
横から見た切り口(断面)は「L」型となりますね。

ただし、ブロックの外面及びベースの外面が境界となります。
境界にこの外面をぴたりと揃えることは工事技術的に困難ですので
多少は後退することとなります。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。