2001年02月16日

2階の騒音


相談内容:
ホームページを見させていただきました。いろいろと参考になる情報が沢山あり、私事で恐縮ですがアドバイスをいただければと思いメールを書いています。

私は昨年の8月に○○建託の新築アパートに引っ越しをしました。6世帯ある中の1階の真ん中が我が家です。それまでは、突然貸し主の都合で大家に立ち退きを要求されたり、雨漏りをするアパートだったりとかく付いてないことが多く、今回の引っ越しではやっと人並みの生活を送ることができると家内共々新たな生活に期待していました。

ところが、2階に済む住人の騒音に悩まされています。2階には子供が二人いるのですが、その子供たちがドタドタと一戸建てにでも住んでいるかのごとく部屋の中を走り回ります。走り始めると10〜20分ほど続きます。下の我が家では、頭上からの騒音と振動に耐えかね、○○建託の管理課の方に2度来ていただきました。

一応、騒音を聞いていただき2階の方に注意をしていただき、生活音は木造であるために仕方がないとの説明を受けました。納得できるものではありませんでしたが、こちらの声に耳を傾けていただいたということもあり少し心が晴れました。ところが、それから2階の騒音がいやがらせかと思うほどひどくなりました。ドタドタに合わせてドシンドシンという何かから飛び降りているような騒ぎです。

家内は2階の子供が寝静まる9時過ぎにならないと部屋に帰らないようになり、食事もわざわざ外食をとる機会が多くなりました。精神的にかなり追いつめられ、一時は別居してお互いの実家に帰ろうという案まで出ました。たかが騒音とは言いますが、音の問題で人間はここまで弱くなってしまうのかと驚かされています。このまま出ていくのは損な気もしますが、自分たちの生活を守るために出ていくことにしました。既に次のアパートも決めました。不動産屋さんの勧めで●●ハウスの軽量鉄骨の3階建て、最上階です。

そこで相談なのですが、こうした場合、敷金を返金してもらうことは出来るのでしょうか?返してもらう場合の手続きや注意点などあるのでしょうか?せめてそのくらいの誠意を○○建託には示していただきたいと節に願うばかりです。よろしくお願いいたします。

追記(1):現在のアパートに引っ越してから、水洗トイレの水の流れが悪く、「大」ができない時期がありました。配管業者に3度きてもらってやっと原因が分かったのですが、配管に板が詰まっていたそうです。(工事中にいたずらされたようだとのことです。)ここまでの原因究明に約2ヶ月を要しました。そのときには○○建託からはなんのお詫びもありませんでした。

追記(2):子供の走り回る音に比べればかわいいものですが、こんな音も聞こえます。まな板の野菜などを切る「タンタンタンタン」という音。洗濯機のモーター音「ブーンブーン」という音。夜の営みが揺らす戸の振動音。「カタカタカタ」(^^; これって欠陥住宅なんじゃないかと思えるほどです。ちなみにユニットバスの天井の点検孔を覗いたところ、奥は見渡せずコンクリートが天井のすぐ上まで来ていました。こんなの初めてみました。これでは、点検孔の役割を果たさないと思います。


2001/02/16#1 TK様 (長野県)


回答内容:
たいへん残念ながら返金はできないと思います。
彼らに過失はないということになると思います。
この会社の造る建物はこの種の問題をあちこちで引き起こしています。
以前から同じようなご相談がこちらにもありました。
結果、埒はあきませんでした。
次回からはこの会社で工事をした共同住宅は
居住目的に選択しないよう気をつけましょう。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。