2001年02月19日

木製外壁の耐久性と無垢材の床面と温風暖房


相談内容:
初めてメールを出させていただきます。昨年の8月に新築した木造2階建の木製外壁について、及び無垢材の床板と温風の関係について、ご教示ください。

第一の木製外壁の件ですが、居間などに使用した檜の縁甲板と同じ物を縦に羽目板方式で張り合わせてあります。塗装はオスモカラーです。軒先はなく、風雨に晒されております。下地処理に防水シートを使用しております。張ってある場所は日照の強い東南、南側です。なお西、北側はモルタル塗りです。

ところで、秋口ごろまでは木製外壁の板と板の張り合わせ部分の隙間は目立たなかったのですが、冬の乾燥時期になりますと、張り合せ部分の「めじ」が開いて大きな隙間が出来てしまいました。よく観察すると、張り合わせに使用した釘も見えます。板にある「節」も少し崩れ、「反り」も見えます。新築して1シーズンも過ぎないのに、外壁のこのような状況で、耐久性に問題はないのでしょうか。維持補修はどうするのでしょうか。

次に居間の床板と温風暖房の関係です。床板は節の多い縁甲板を使用しております。冷暖房対策として、換気も兼ねた熱交換によるヒートポンプ方式の松下電器の気調システムを導入しましたが、外気温度が下がると、システムの機能が低下するので、補助暖房として温風暖房を検討しております。

熱源は石油で、室外機と室内機があり、室内機はシ−ズンが過ぎると取り外しが出来るものです。50度くらいの温風が室内機の吹きだし口から、床面を這うように流れるようです。高温の温風と床板(檜の無垢板)の関係ですが、洗濯ものを風で乾かすように、床板を乾燥させ、「隙間」や「そり」の原因になるので好ましくないと言われておりますが、その通りなのでしょうか。高温の温風と無垢板の関係を解決する方法はあるのでしょうか。

以上二点について、ご教示ください。よろしくお願いします。


2001/02/19#4 AS様 (茨城県)


回答内容:
>板にある「節」も少し崩れ、「反り」も見えます。新築して1シーズンも過ぎないのに、外壁のこのような状況で、耐久性に問題はないのでしょうか。維持補修はどうするのでしょうか。

1シーズン経過しないとなんとも言えませんが
一般的には木材は呼吸することで知られています。
乾燥期には体内水分を発散して収縮し
湿潤期には体内に水分を吸収して膨張します。
これを繰り返すことで建物全体が呼吸する形になり
長持ちさせることに繋がります。

ただ、収縮時の隙間と膨張時の隙間の差は木材の樹種および
板の幅によって多少違います。
雨季の湿潤時にどの程度隙間が詰まるかということですが
かなり詰まってくるのではないかと思います。
乾燥機の冬場に隙間を詰めてしまうと雨季の湿潤時には
隙間が詰まって膨張しようにも膨張限界を超えて
板自体が外壁面から離脱するように膨らんでしまいます。

したがって湿潤時に隙間が詰まる状態を基準としなければなりません。
耐久性に問題がないとは言い切れませんが
工事会社にもその辺りを十分に確認してください。
気になるのは判りますが
とにかく1シーズン過ぎなければなんとも判断できません。
維持補修につきましても工事会社にご確認ください。

>高温の温風と床板(檜の無垢板)の関係ですが、洗濯ものを風で乾かすように、床板を乾燥させ、「隙間」や「そり」の原因になるので好ましくないと言われておりますが、そのとうりなのでしょうか。高温の温風と無垢板の関係を解決する方法はあるのでしょうか。

前記の膨張収縮の事実関係と回答は同じです。
あくまでも木材は呼吸しているということを忘れないでください。
この自然素材の呼吸によって皆さんは健康状態を保てるのです。
あえてそちらの建物は内外装にふんだんに木材を使ったわけで
ナチュラルな生活をしようというご家族のご希望が見て取れます。

にもかかわらず機械力に頼ってナチュラルを設備機器でコントロール
してしまうというまるで背反なことをしてしまっています。
冬は多少は寒い、夏は多少は暑いというのが自然ではありませんか?
快適さを求めるあまり設備機器で補正しようとしすぎていないでしょうか?
無理が生じればせっかくのナチュラルもバランスが崩れてしまいます。
いろいろな不具合が生じることとなり不満が残りましょう。

自然素材を建物に持ち込むということはそれだけの覚悟が必要です。
化学物質に囲まれた膨張収縮が生じない、呼吸しない製品をお使いで
完全密閉された生活空間をお望みではない以上
生活スタイル自体もナチュラルに戻していかないと
バランスが取れません。

無垢材に高温の温風をあててしまうこと自体
木材にとっては嫌われることをしています。
隙間や反りが気になるようでしたら
無垢材は使ってはいけなかったといわざるを得ません。
ナチュラルな家はあなた方の体をナチュラルにしようという現れです。
ナチュラルだからこそ住人は健康でいられるのです。

この時代にあって、もっとも高級なお考えのもとに
家づくりをされたにもかかわらずそれを引き戻すようなことは無用です。
ぜひナチュラルに徹してください。
そうすれば皆さんの生命力は永いと思います。
おそらく風邪もひきにくくなりましょう。
かつて建てられた神社仏閣はすべてナチュラルです。

正倉院は「校倉づくり」で有名ですがこの建物は呼吸しつづけて
現在にまで生きつづけています。
とても素敵な家づくりだと思います。


【関連する記事】
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。