2000年11月07日

水漏れによる地盤への影響


相談内容:
初めてお便りさせていただきます。標記の件につきましてアドバイスをお願いいただけないでしょうか。

<状況>
・高台に建築された一戸建て住宅です。
 高さは坂になっているため3〜7mの範囲にあり、石垣で囲っています。
・築10年になり、石垣は20年程前に工事しました。 

このたび、簡易水洗から水洗式に工事を行っている際に、水漏れが発見されました。浴室の排水が接続されてなく基礎の下に10年間流されていました。詳しく言えば、工事に2重の間違いがあったようです。

1つは浴室でタイルの目地などが割れて水漏れした場合の対応策として、ベタ基礎に水が溜まらないように予備の排水溝を設けてあるのですが、それが通常の浴槽の排水溝と同じ箇所に設けられていました。そのため、通常の浴槽の排水が予備の排水溝にも半分流れ込んでいました。

もう1つは予備の排水溝が上記のとおり基礎の下に埋まったままになっており、排水溝に繋がれてなく、地中に10年間もの間、垂れ流しになっていたものです。

・外観的な現象としては、
 ・・石垣からの水の染み出し
 ・・地盤の沈下(犬走りと平面部とのコンクリート間の隙間)
 ・・実家が横に建っているのですが、家の狂い・・・ドアが閉まらない等)
・全てが水漏れによる影響とは言い切れませんが、非常に不安な状況です。

業者(家を建てた)の方の言い分ですと、石垣をした場合、内側部については時間とともに通常の場合においても地盤が若干沈下する場合が多いとのことです。また、水漏れが原因であれば著しい地面の陥没などの現象があるとのことです。

・いづれにしても、地盤調査をしていただくようにしましたが、「スェーデンなんとか」という方法でやるそうです。
その方法は一定の荷重をかけながら3〜4mの深さまで鉄の棒を入れて地中の圧力を測定するということです。
この方法で地盤がどのような影響を受け、どんな状況になっているのがわかるのでしょうか?

また、結果として地盤に影響があった場合、セメントミルクの注入をするとのことですが効果は十分期待できるのでしょうか。
以上につきましてアドバイスお願いいたします。

2000/11/07#2 MM様 (福岡県)


回答内容:
スウェーデン式サウンディング調査のことだと思いますが
この調査方式での地盤内の地質抵抗値調査結果は
信用できるのでしょうか?

このスウェーデン式サウンディング調査の結果は
1、2m離れても違った結果が出てしまうほどです。
今までの私の経験する物件資料では正確さに欠けました。

業者に確認してほしいのですが
セメントミルクの注入による工事とはどのような目的で
どのような効果があり、費用はどの程度と言っていますか?
セメントミルク注入を行っても逆にその後の水の行方は
どうなるのでしょうか?

まずは基礎面底部への水漏れを改善し
今後こうした水漏れが発生しない状況を維持できるか?
このあたりに付いてはどうでしょうか?

これら修補工事が完全であればその後の処理は有効でしょう。
石垣擁壁の中央部分からの漏水は
その部分の高さに水を溜める地層が考えられます。

たとえば粘土質層などのように水分を下の層に浸透しにくい層です。

地盤を改良すれば良いのはこの地層の上層部について
重点的に行うのが望ましいと思います。

本来的には地質抵抗値調査よりも
地下数mの位置での不覚乱土質サンプル資料を数カ所取得し
三軸圧縮試験を実施しきちんとした数値データを確認して
保全対策を講じる方が安心度は高いと思います。

均等に沈下のであれば沈下に対してはしかたがないとしても
均等に沈下せずに傾きだしてしまうと処置のしようがなくなります。

また、地層内に砂や砂利などが混じっていますと
液状化などの懸念もあり地質抵抗調査だけでは
このあたりの地質までは判断が難しいところですので
最悪の場合は深度の浅いボーリング地質調査を
実施し地質を全面的に把握する必要まであるかもしれません。


posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地盤調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年10月31日

基礎工事


相談内容:
鳥取県の地震におきまして、自宅が約90度傾斜しました。
傾斜原因は、液状化によるものと思われます。
基礎横から砂が噴出しております。
5年前に●●ハウスにて建築。

建築の土地は、畑地(砂地)で道路より低い為に約50〜70cmの盛り土をして一ヶ月以内に基礎工事を行いました。
図面上での基礎は砕石を入れ75cmです。
基礎の地上部分を差し引くと基礎の地下部分は地面より30前後と思われます。

担当の方に基礎は不安定な盛土の中に、しかも盛土をして一ヶ月も期間がなく、又、砂地のうえの盛土は不安定ではないのかと聞きましたが、明確な回答が得られません。下が畑地(砂地)ですが土地改良等は行っておりません。基礎は布基礎です。

過去のデーターで地耐力を測ったが問題がなくそのまま基礎をしたのだろうと言われたが、納得できません。地元で専門に曳き屋(建築)の方に地耐力を測定していただいたところ、地下4〜5メートルより下は不安定な地層とのこと。基礎工事も自体も余り良くないようですねと言うことでした。

通常、地耐力(数値5トン?)があれば盛土や砂地の不安定な場所であっても基礎は作るのでしょうか。ただ、地面の上に家を置いた積み木のように思います。私の言うことが間違っているのでしょうか。


2000/10/31#1 MH様 (鳥取県)


回答内容:
今回の鳥取地震におきましては皆様にお見舞い申し上げます。

さて、一般の木造住宅であれば3tの地耐力があれば問題はありません。
ただし、砂地ではないこと・・・。

砂地は鉛直方向の地耐力はあるのでともすると
安全側で判断しやすいところです。

しかしながら、地震時の砂地での建物の安定は
新潟地震以来覆されました。

地元の曳き屋業者の5m下の地層まで考慮に入れるのは
やや大げさというか過大解釈でしょう。
3階建以上のビルではないのでそこまで作用線が及ぶことはないと
考えて良いと思います。
5mの厚さのきちんとした地盤(5トン?)層があれば
その上に木造建物は安全に建ちます。

結果としては旧地盤の畑地(砂地)を知りながら
地盤改良を行わなかったことに問題はありそうに思います。

もう少し地盤に関する調査を行って慎重な判断が必要です。

なお、建物を建築する際には行政に対して
「建築確認申請」を提出しますが
あなたの家もこの確認を提出して建築されました。

従いましてこの確認申請書には建築地の地質等に関しての
行政指導があったかもしれません。

お手元の確認申請書をぜひ一度ご覧頂き
場合によりましては特記すべき地盤改良などにつきまして
旧地盤への指導などに関しまして確認申請の許可を出した行政窓口を
訪問し確認していただくことも必要かと思います。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地盤調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1999年10月28日

地盤調査


ご相談内容:
はじめまして。現在購入を検討している土地があるのですが、地盤に大きな不安があります。

売り主はボーリング調査は行わず、「載荷試験」を行うそうですが、この方法で充分な判断が出来るものでしょうか。もしくは、自己負担でサウンディング調査を行うべきでしょうか。ちなみに、近隣の既存データでは、までに5mから18mまでとまちまちです。


1999/10/28#2 MY様 (東京都)


回答内容:
お近くですのでお立ち寄りください。
ボーリングデータとは
サウンディングとは
載荷試験とは
どういうものなのかをご案内いたします。
無料です。
posted by 回答者:小杉 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地盤調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ このブログは1998年から始めた弊社「住まいの無料相談室」に寄せられたご相談を整理し、アーカイブしながら、多くの皆様への住まいをはじめとした建物全般に関する各種お悩みやご相談に対する回答を提供しております。

◆ また、この回答はご相談のあったご相談者あて回答したものですが、当相談回答コーナーの公開化システムの改善とアーカイブのため、時間的変化による法令の変更や資材の開発、工法の進化なども考慮して再度編集し直し再掲示いたしておりますが若干の時間的ずれが生じているものもございますことはご容赦ください。

◆ なお、本回答の中に主体工事および屋根工事、防水工事、外装工事、塗装工事、金属工事やその他工事およびこれら関連工事に対するコメントは良質の工事会社およびこれら各種メーカー商品の工法や材質やこれらを扱う工事業者の工事費を否定するものではありません。

 本回答はあくまでも社会問題化し現在も多発している「詐欺的商法とも受取れる各種営業行為」に対して相談者ならびに一般消費者に警告や注意喚起を促すとともに、消費者の消費経済活動等への学習に寄与することを目的として回答いたしております。今では「リフォーム詐欺」としての社会的事件として浮彫り化、問題視することにまで発展することができ、こうした一相談ページ開設の意義の高さを実感しております。

 したがいまして皆様には本回答につきまして誤解なきように取扱いをお願いいたします。何か不信に思われたり、契約前、契約検討中の方でお困りの節は都度ご一報ください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。